沖縄を拠点とした新しい国際物流ネットワーク

沖縄は、発展する東アジアの中心に位置しています。その地理的特性を活かし、日本で唯一、アジアの主要都市を4時間圏内でカバーする高速物流ハブ機能が、那覇空港、ANA、ヤマト運輸の連携によって実現しています。 現在、那覇空港では24時間体制の運営、通関体制が整備されています。この強みを最大限に活かすべく、日本各地、およびアジア主要都市のクライアント様から集荷された貨物は、22~24時台に那覇空港に向けて出発します。那覇に到着した貨物は、早朝にかけて目的地別に積み替えられ、通関作業を済まし、各目的地へと出荷されます。この体制により、従来より1~2日程度のリードタイムの短縮が可能になりました。 この高速物流ハブ機能の特徴は、「日本⇒アジア都市」間の物流だけではなく、「アジア都市⇒アジア都市」の物流にも対応しているという点です。沖縄を中継地点として経由することにより、より早く確実に貨物を目的地へと届けることができます。

zu10

 

国際宅急便サービス ~書類からクール宅急便まで順次拡大予定~

ヤマト運輸は、沖縄における高速物流ハブ機能を活かし、2012年11月からアジア主要都市への「国際宅急便」を開始しています。今後は、国際クール宅急便等のサービスも展開する予定ということです。

 

zu8

zu9

zu10
ヤマト運輸
沖縄国際物流ハブ 航空ダイヤ一覧」より

zu11

ヤマト運輸
輸送対象地域・配達リードタイム」より

 

zu12

ヤマト運輸
国際宅急便 料金表」より

高速物流ハブ機能を活かした4つのビジネスモデル

更にヤマト運輸は、この高速物流ハブ機能をベースに、下記4点のビジネスモデルの展開を目指すと発表しています。

(1)沖縄在庫型:精密機器メーカー、小売(通販)企業向けに部品・製品などの在庫基地としての活用

アジア向けの通販業者等の在庫を沖縄にて一括在庫し、アジア各地へスピーディに配送。日本の他地域に在庫をおく場合に比べて、締め切り(受注)時間の大幅延長が可能。各国に在庫を置くことなく沖縄にて一括在庫による海外在庫の圧縮が可能であり、また沖縄の国際物流拠点産業集積地域の保税倉庫を利用することで、保税地域許可手数料が半額に軽減される。

(2)マージ(仕訳け・積み替え)活用型:海外向け、日本向けの貨物を沖縄で仕訳けし、積み替えて発送。

例えば、日本各地の特産品や「旬の食材」等をアジア向けに輸出する場合、中継地点の沖縄にて仕訳けを実施し、目的地ごとに無駄なく積み替えを行うことで、輸送費の圧縮が可能。

(3)リペア型:沖縄において回収した修理品を一括で修理・お戻し

アジア各地で発生した修理品を各国において宅急便で回収し、沖縄まで輸送・一括修理、修理後宅急便でお届け・お戻しすることが可能。これにより、各国ごとにリペアセンターを持つことが必要がなくなり、修理技術の海外流出も防止することができる。

(4)生産型:アジア向けの在庫を沖縄において一括生産

沖縄において在庫するだけではなく、沖縄の豊富な労働力を生かして、沖縄をアジア向けの生産拠点として活用。これにより、本土からの輸送費が削減されるほか、天災などのリスク分散、生産技術の海外流出の防止が可能。また沖縄の国際物流拠点産業集積地域内の税制上の特別優遇措置を利用することで、関税や消費税が免除される。

那覇空港、ANA、ヤマト運輸の連携によるこの高速物流ハブ機能を沖縄県をはじめとする行政機関も支援しており、要件を満たす企業には、助成金(臨空臨港型産業集積支援事業による助成金)の用意されています。成長著しい東アジア地域の活力を取り込み、沖縄からグローバルな事業展開を検討してみてはいかがでしょうか。

参考: ANAとヤマトホールディングスによる、国際物流の新事業モデル開始について」